初めてでも失敗しにくい、イノシシ肉のジビエ料理レシピ

はてなブックマーク - 初めてでも失敗しにくい、イノシシ肉のジビエ料理レシピ
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

 
今年初のイノシシが我が家にやってきました。

(生々しい写真が苦手な方は、この先ご注意を!)
 

 

冬だね、冬ですね。
寒くて寒くて、我が家はPCを打つ手がかじかむくらい冷え込んでいます。

普段は自分たちで動物をさばいたときにお肉を食べる、というゆるいうベジタリアンな食生活なのですが、さすがに!この寒さ。

お 肉 が 食 べ た い !!!

体 を 温 め た い !!!

普段は『お肉が食べたいな』と思うことは滅多にないのですが、体を温める役割のある”お肉”が恋しくなるのが冬という季節。イノシシ肉って食べた後の体のポカポカ感が全然違うのです。冬はお肉の旬でもありますしね。

そんな我が家にやってきてくれた、若いイノシシ2頭!
う〜〜〜ありがとう。ありがたくいただきます!

 
獲れたその日に食べるのは、お肉ではなく内臓。イノシシの内臓はすぐ味が落ちてしまうので、捌いたその日に食べるご馳走です。お酒で血抜きして、焼いても煮ても美味しい。オススメの食べ方は油でゆっくり煮るアヒージョ。
 

 
一気に加熱すると固くなりがちなんだけど、アヒージョなら固くなりすぎず、一緒に入れた野菜にも味がしっかり染みてパンもご飯もスルスルお腹に入っちゃいます。

内臓が慣れていない人には、臭み対策としてスパイスたっぷり入れても◎!この日さばいたイノシシは内臓がツヤツヤで、特に心臓は美味しかった。レバーもふわふわプリプリ。内臓は生食絶対危ないので、しっかり火を通してね。
 

そして、コーイチさんが作ってくれた内臓を全部入れ(!)したルーウェイが絶品でした。ルーウェイは台湾風のスパイス煮込み料理。
 


 

肝臓、脾臓、腎臓、心臓、肺、舌…… あとは、部位ごとに捌いたときに出た小さなお肉をまとめて入れました。食感や風味がどれも違うので、食べながら『これはふわふわしてるから肺だね』『このプリッとした歯ごたえは心臓!』などなど、どの部位かをみんなで当てながらいただきました。

『自分の弱い内臓を食べると元気になる』と言われているので、私は腎臓と肺、それから心臓をチョイス。自分に必要な部位ってやっぱり美味しく感じるみたい。
 
内臓に味がしっかり染み込んだ次の日は、深いコクが出ていてそれはそれは美味しかった。また食べたいなあ。

 

今日は寒さに耐えられなくて薪ストーブつけたんだけど、家に1人しかいなくて。1人で薪を消費するのも申し訳ないので、薪ストーブの熱で作れるだけの料理を全力で作りました。しかし、そんな日に限って家に帰ってくる人が少ない、シェアハウスあるある。笑

 

そんなある日のおうちごはんメニューはこちら。

・イノシシ骨スープを使ったあんかけスープ


 
・薪ストーブで作った根菜とイノシシの煮物


 
脂のつき方、体の白さ的に若いイノブタだったんじゃないかなと思うんだけど、臭みもなく柔らかくて、でもコクがあって美味しかった!
 
そうそう、『イノシシ肉をもらったけどどうやって調理したらいいかわからない』という声をよくいただくんだけど、私のオススメレシピはこれ。

・イノシシ肉の生姜焼き


 
【失敗しにくいジビエ料理法】
 
(1)お肉の状態を見て、必要であれば洗う・酒につけて臭みを取る。
(2)肉を適当な大きさに切って酒、醤油、刻んだ生姜とニンニクに半日くらい漬ける。(時間がなければちょっとでもOK)
(3)野菜と一緒に炒める
 
生色は危ないのでよく焼いてね〜!結構しっかり焼いてもそんなに固くはならないと思う。
臭み(酒、ニンニク、生姜でカバー!)、固さ(お酒に漬けると柔らかくなるよ)、これで大体は解消できると思うな。お試しあれ!

 

コトコト煮込んだ後の骨も、周りについていたお肉を割いて、最後は肉そぼろみたいにして食べきったよ。


 
食べることは生きること。
こうしてダイレクトに命とつながるのが我が家の食卓です。

美味しくてパワフルで、ありがたいお肉の料理。
体がしっかり温まりました。ごちそうさまでした。

 

***

 

<お誘い>
12/27はいとしまシェアハウスでお餅つき!新しい年を手作りお餅で迎えてみませんか?

▷無肥料無農薬の新米で餅つきイベント!お餅のお土産付き☆
https://www.facebook.com/events/1979361492330868/
 

 


👇こっちの記事も、きっと好き!
 

【ジビエ料理】屋久島の鹿肉で鹿肉ロースト!低温調理法を試してみた。

目指せ油の自給!イノシシ脂でラード作り。

絶品、アナグマの麻婆豆腐!

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh   ●畠山千春   新米猟師兼ライター   法政大学人間環境学部卒業。カナダ留学後NGO/NPO支援・映画配給会社に就職、3.11をきっかけに「自分の暮らしを作る」活動をスタート。  2011年から動物の解体を学び鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得。  現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。第9回ロハスデザイン大賞2014ヒト部門大賞受賞。TEDxTokyoyz、TEDxKagoshimaにて登壇。   ブログ:ちはるの森 http://chiharuh.jp   著書:『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』(木楽舎) http://urx.mobi/B8LE

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。