バレンタインなのでカカオ豆とカカオマスからチョコレート作ってみた。

はてなブックマーク - バレンタインなのでカカオ豆とカカオマスからチョコレート作ってみた。
Post to Google Buzz
バレンタインなのでカカオ豆とカカオマスからチョコレート作ってみた。ちはるの森

16763833_10212140038119041_564837590_o

 

バレンタインなので、カカオ豆&カカオマスからチョコレートを作ってみた。

というのも、先日渋谷ヒカリエ8階で行われるバレンタイン催事にて、友人がやっているフェアトレード&オーガニックなチョコレートのお店に遊びに行ってきたのです。

お目当はFARM CANNINGさんのキャロブとキウイのチョコレート風ペースト。試食したけど風味はチョコレートそっくりで美味しかったー!即買い。

そしてフェアトレードチョコレートで1番好きなスローウォーターカフェで、カカオから作る手作りチョコレートを作るキットを買ってきた。これすごーい!!

 

16735747_10212140015878485_487030891_o

中を開けると、カカオ豆、カカオマス、カカオバターが入っていました。

全てフェアトレード&オーガニック。
作り方の手順が載っているミニ冊子付き。

 

16731489_10212140015998488_1410289067_o

 

いよいよ、実際にチョコレートを作っていきます。

チョコレートは

・カカオマス:カカオ豆を焙煎し、豆の中身をペースト状にしたもの
・カカオバター:カカオのペーストから、油分を取り出したもの

によって作られています。

今回のレシピは、カカオマスとカカオバターに砂糖をちょっと足して、スイートチョコレートを作ります。

 

16763814_10212140009318321_442342167_o

 

左がカカオマス、右がカカオマスから取り出した油脂分、カカオバター。

こう考えると、チョコレートってカカオ豆から取り出した成分にさらに油分を足してるんだね。カロリーが高いのも納得。チョコレートの大部分は油分なんじゃないかな。
 

それぞれを砕いて、湯煎の準備をしていきます。

 

16731742_10212140008758307_1905406787_o

 

砕いたカカオマス。つまみ食いをすると、にがーい!今流行りの「高濃度カカオチョコレート」そのもの。でも、この独特の香りと苦味は癖になりそう。このままでも十分イケる。

 

16735005_10212140008398298_481750960_o

 

カカオバターの方は、ほのかにチョコレートの香りはするものの、なんというか油っぽいナッツという感じ。特にこのまま食べて美味しいものじゃ、ないかな。手に乗せると体温でじんわり溶けていきます。
 

なるほど。カカオマスは”チョコレートの味”のベースとなるカカオの味を作る役割で、カカオバターは”チョコレートの口どけ”を滑らかにするということなのかも。なんとなく、分かってきたぞー。

 

チョコレートの秘密がちょっとだけ解明されたところで、カカオマスとカカオバターを湯煎で溶かします。

 

16709547_10212140007838284_2131978126_o

 

カカオマスとカカオバターが溶けたら、すり鉢で細かくしたきび砂糖を投入。

 

 

16732062_10212140007878285_1878791974_o

 

45度になったら、ボウルを冷水に入れ、27度まで温度を下げます。27度になったらまた湯煎に戻し、29度まで温度を上げたら、型に流し込みます。

この温度調整はテンパリングと言って、ツヤを出しなめらかな口溶けのチョコレートを作るための技術なのだとか。

バットにクッキングシートを広げたら、そこにチョコレートを流し込みます。

 

16735582_10212140007678280_1198622962_o

 

ここで、事前に切っておいたドライフルーツ&ナッツ&煎ったカカオ豆をトッピング。チョコレートがどんどん冷めて固まっていくので、時間との勝負!

 

16735754_10212140011518376_1358160646_o

 

それーい!
端っこからあっという間に固まっていきます。

 

16763598_10212140007518276_1421424220_o

 

冷蔵庫に入れて一時間冷やしたら、出来上がり!

 

16731220_10212140007038264_732847588_o

 

思った以上にチョコレートが薄く仕上がったので、包丁を入れてチョコレートがバキバキになる前に写真撮影。笑

 

16763833_10212140038119041_564837590_o

 

なかなか可愛くできました。

味はというと、雑味のないピュアなカカオの味がとっても上品!舌触りも滑らかで、すっと溶けていくのがなんとも心地いい。余計のものが入っていないからなのか、少し食べただけで満足感が。パクパク食べるというよりは、ひとかけひとかけじっくり味わう、贅沢なチョコレートができました。
 

シェアメイトもみんな喜んでくれて、作ってよかったなあ。

*****

 

さて。カカオ豆からチョコレートを!と意気込んだはいいものの、実際にカカオ豆から作るのはとても難しいみたい。なので、こちらのキットについていたカカオ豆は、トッピング用に少しだけ。

しかしながら。せっかくカカオ豆が付いているのに挑戦しないなんてもったいない!ということで、うまくいくか分からないけど作ってみたいと思います。

 

16735594_10212140014638454_1790711650_o

 

まずは、カカオ豆をフライパンで弱火5−10分くらい煎って、豆がぷっくりとしてきたら取り出します。すごくいい香り!!幸せ〜〜〜〜

 

16709597_10212140012638404_843947028_o

 

パリッと殻を剥がしたら、中からカカオ豆の中身が出てきます。軽くて、潰すとサクッ、ほろほろと砕けていきます。

 

 

16763684_10212140012758407_1679837745_o

 

ぎゅっと潰すだけで細かく砕けたら、きちんと焙煎できている証拠。

 

16763568_10212140012078390_1306740106_o

 

中身と砕くと、さらに濃厚なカカオの香りが。

この状態を”カカオニブ”というのだけど、食べてみると苦くて香ばしいカカオの風味が口いっぱいに広がってとても美味しい。カリッ、サクッとした食感もなかなかいい感じ。甘いの苦手な人は、このままの方が好きそう。お酒と合うだろうなあ。

 

今回は、チョコレートの飾りつけにも使うので、小さめに砕きました。

 

16763915_10212140007478275_1931742242_o

 

はい。

これをすり鉢に入れて細かくし、豆から出てくる油分でペースト状にしていきます。

ペースト状に・・・・・

 

16735156_10212140007318271_1592574241_o

 

うん、薄々わかっていたことだけど。

量が少なすぎて、カカオ豆がすり鉢の溝に入って出てきません。笑 あちゃー。

本当はフードプロセッサーなどで細かく砕くのが正解。仕方ないので最初に作ったカカオマス&カカオバターをちょっと混ぜてペースト状にし、細かく砕いたきび砂糖と混ぜてチョコレートっぽい形に持っていきます。

 

カカオ豆が数粒だったので、チョコレートもほんのちょっと。

16729913_10212140190682855_1357237394_n

試しに試食してみると、カカオの風味が強い!

お砂糖をちょっとしか入れなかったので、ほとんどカカオの味。エネルギーが強すぎて、私これ食べたら夜眠れなくなっちゃいそう。濃いエスプレッソみたいな、コーヒー豆をそのまま食べているような。

(私、コーヒー飲むと効きすぎてテンションがおかしくなったり興奮しすぎて夜眠れなくなる。笑)

今回はカカオ豆が少しだけだったので、次は本格的にカカオ豆からチョコレート作ってみたいな。調べてみると、かなり大変みたいだけど。笑

 

でも、普段食べてるチョコレートがどうやって作られているか少し見えてきたので、楽しかったなー。カカオマス&カカオニブから作るチョコレートは比較的簡単だったので、お子さんと一緒に作ったりとか、パートナーと一緒に作ったりとかしても楽しそう。

今回のチョコレートキットを買いたい方は、ぜひ渋谷ヒカリエ8階に行ってみてねー!
”森へのチケットチョコレート”というセレクトショップに置いてあるよ。

詳しくはこちら→https://www.tokyu-dept.co.jp/shinqs/event/detail.html/?id=1543

 

 

【きっとこっちも好きな記事!】

【きな粉は作れる!】収穫した大豆を炒って砕いてきな粉作り。

 

クリスマスだから鴨の丸焼きやってみた!

 

オンドルの煙突でスモークナッツ作ったよ。

 

 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す