スペシャルなお肉料理

はてなブックマーク - スペシャルなお肉料理
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

  

今日はスペシャルなゲストのために張り切ってお肉を料理しました。
 
真ん中はイノシシの心臓、レバーのアヒージョ。内臓は酒に漬けて臭みを抜いてからニンニクとローズマリー、塩で味付け。

くつくつ煮るだけなのに、内臓の旨味がオイルに染み出してそりゃあ美味しいのです!しかも固くなりにくい。

 
パーティーで出すと、華もあるしみんな喜んでくれるので内臓料理のマイブームこれ。

 

 

それから、こちらの鹿のバラ肉は酒、ニンニクとクミン、ガラムマサラで味付け。

    
 

イノシシのロースとヒレはニンニクとローズマリーで。
 
腿と首は酒とニンニクと醤油で味付けして、白飯に合う感じにしてみましたー!
 
ご飯おかわりしてくださった方もいて、むふふと嬉しい。
 
 
おそらくお忍びで?いらしたので公開できるかはわかりませんが、お料理だけでも記録しておこうと思って。
 
楽しい時間でした!
 
野生肉の美味しさ、伝わっているといいな。
 
 
 
 
 
【トークイベントやります】
4/8(金)の夜から東京でトークイベントやることになりました!
変化していく時代で最悪死なない暮らしを目指す、実験的な我が家の日々をお話しします。
来てね♡
 
 http://kokucheese.com/event/index/384092/

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh   ●畠山千春   新米猟師兼ライター   法政大学人間環境学部卒業。カナダ留学後NGO/NPO支援・映画配給会社に就職、3.11をきっかけに「自分の暮らしを作る」活動をスタート。  2011年から動物の解体を学び鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得。  現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。第9回ロハスデザイン大賞2014ヒト部門大賞受賞。TEDxTokyoyz、TEDxKagoshimaにて登壇。   ブログ:ちはるの森 http://chiharuh.jp   著書:『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』(木楽舎) http://urx.mobi/B8LE

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。