今まで解体した動物の革や羽で作ったアクセサリーのWEBショップ作ってみたよ。

はてなブックマーク - 今まで解体した動物の革や羽で作ったアクセサリーのWEBショップ作ってみたよ。
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

webshoptop

 

命を最後まで使い切るべく、今まで解体してきた動物の羽や革を使ってささやかにアクセサリーを作っています。

マルシェなどでちょこちょこ販売を続けていましたが、オンラインでも販売して欲しいというリクエストをいただいたので、WEBショップを作ってみました。

 

食べものだけじゃなくて、フェザーやレザーももともと動物の体の一部。私たちの暮らしのなかに、色んな命があることを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

 

まずは、こんな感じのアクセサリーを出してみました。

 

o-da-meido

 

イノシシの革のピアスや今まで解体してきた鳥の羽のアクセサリーです。

どこでどんな風に獲れたものか、どうやって育てられたのかが伝わるように、それぞれの獲れた場所や育て方なども明記してあります。

 

だから、羽のアクセサリーなのに生きもの現物の写真が出てくるというちょっとシュールな感じになっております。

 

borisbrown

 

ちなみにヤマドリのページには、ささみをジリジリ焼いて日本酒に入れるとうまい、というアクセサリーとは全く関係のない情報まで載っています。笑

 

yamadori

 

こういうどうでもいい豆知識や、解体した時のエピソードなどもちょこちょこ載せていきたいなー。
あのときの一匹、あのときの一羽。それぞれ思い出があります。

 

なかには解体してる時の写真しかない鳥もいて、掲載をどうしようか迷ったけど、解体の写真は苦手な方もいると思ったのでやめました。上手にそのプロセスを伝えられる方法があるといいのだけど。

 

まずは作ってみたので、よかったら覗いていってください〜!

 

▼WEBショップ「ちはるの森」

http://chiharuh.thebase.in/

 

 

【トークイベントやります】
4/8(金)の夜から東京でトークイベントやることになりました!
変化していく時代で最悪死なない暮らしを目指す、実験的な我が家の日々をお話しします。
来てね♡

http://kokucheese.com/event/index/384092/
—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh   ●畠山千春   新米猟師兼ライター   法政大学人間環境学部卒業。カナダ留学後NGO/NPO支援・映画配給会社に就職、3.11をきっかけに「自分の暮らしを作る」活動をスタート。  2011年から動物の解体を学び鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得。  現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。第9回ロハスデザイン大賞2014ヒト部門大賞受賞。TEDxTokyoyz、TEDxKagoshimaにて登壇。   ブログ:ちはるの森 http://chiharuh.jp   著書:『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』(木楽舎) http://urx.mobi/B8LE

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。