里山で猟をして感じること。

はてなブックマーク - 里山で猟をして感じること。
Post to Google Buzz
里山で猟をして感じること。ちはるの森

 

猟期も終盤に差し掛かり、別の猟師さんに未だに山入ってますというと「まだやってるの!?もう獲れんやろう」と驚かれる。
 

そうですねえ、猟の一番いいシーズンは12月に入るまでという感じなので、私たちはだいぶスタートが遅いのかなと思います。(時期が遅くなると猟期スタート時よりもイノシシの数自体も減るし、罠に対して警戒心が生まれるのでかかりにくくなります。)

 

しかし、猟が始まる10月11月(都道府県/捕獲する動物によって時期が違います)はお米収穫から乾燥の時期でもあり、田んぼから手が離せずなかなか猟を始める余裕がない。我が家、12月までお米天日干ししてたし、、
 

罠はかけたら毎朝見回り、獲物がとれれば半日以上は時間が必要です。始まったらもうノンストップなので、「よしやるぞ!」と気合を入れ、しっかり時間を作らないと始められないのです。
 

田んぼをやりながら猟をする方ももちろんいらっしゃるけれど、ペーペーの私たちにはそんな器用なことはまだできず。。。><
というわけで、未だにのんびりと猟を続けています。

 

 

新しい狩場を探すときは、だいたいご近所さんと一緒。
 

たとえ山の中でも、土地の持ち主さんは必ずいます。誰も入っていないような山でも管理のために人が入ることもあるので、罠をかけるときは土地の持ち主さんへの確認を行っています。

特に私の罠は人間には分かりにくくて危ないから、かけたらどこにかけたかしっかり伝えています。
 

まず「イノシシが出て困っているところありませんか」って聞くと喜んで教えてくれるし、罠を掛けてもいいですかって聞くと快く承諾してくれる。イノシシをとることで、何より集落の人たちに恩返しできるのが嬉しい。

 

 

連れて行ってもらったところは、元みかん畑と思えないほど竹が生い茂っていて昼間でも暗い山の中。

道の左側、ボコボコと掘り返されたのは全部イノシシの仕業です。イノシシは道のキワ掘るの大好きだからね。ずーーーーーーーっと向こうまで続いています。

 

私たちの集落は谷にある山間集落なのだけど、猟をするとき軽トラでどんなに山の中に入っても、昔の人たちの暮らしたあとがあちこちにあって驚かされる。昔の人はここまでどうやって来ていたんだろう。
 

そして、ここがもう人の営みが行われる場所じゃなくなってしまっているのが、切ない。きっと昔の人たちは少しでもいい土地を次の世代に繋いで行こうと、考えていたんじゃないかな。そんな気持ちが伝わってきてしまう場所だからこそ、悲しい。

 

 

最近一緒に山をまわってる彼女は農家の兼業猟師。
畑や田んぼを守りたくて免許を取って登録もして、今一緒に罠かけをしている。
 
竹だらけの山の中に残るなだらかな棚田の形跡と落ち葉でいっぱいになった水路、罠かけをしようと地面を掘ったら土が粘土質で「ここはもともと田んぼだったのかもねぇ」なんて話をしていると、やっぱり悲しくなる。

 

彼女は農家だし、荒れ果てた畑や田んぼを見て思うところがあるんだろうな。私もささやかながら畑や田んぼをやっている身としてこういう景色は切ない。

 


 

私たちが住む山間集落は、人間の暮らしと動物の暮らしの境界線のような場所だ。

過疎化が進むと山に入る人が減り、人間活動が失われたエリアにはどんどん動物たちが降りてきている。畑や田んぼの被害は深刻で、今や美しい棚田もほとんどがイノシシ対策の柵で覆われるようになってしまった。

 

田舎に住むまで考えたこともなかったけど、ここでは自分たちの生きていく場所は自分たちで守らないといけない。動物とのやり取りもそうだし、ぼうぼう生えてくる植物に関しても同じことがいえると思う。

 

美しかった棚田を容赦なく竹林にしてしまう竹もそうだし、雑草をそのままにしておくとコンクリがはがれて道がなくなったり、家が壊れたり…。

 

守る、というより自然の中に自分たちの場所を作る、作り続ける?というイメージかも。
いずれにせよ、ここにいる限り自然や動物とダイレクトに関わり続けていかないといけないんだと思う。

 

自分たちの住処を作るということは、必然的に何か他の生きものの居場所を奪ってしまうことにも繋がるかもしれない。でも私たちの祖先は、ずっとそうして命をつないで来たのだとも思う。

 

動物と自然と人間と、良い関係を作っていくにはどうしたらいいのかな、と山の中で荒れた田畑と出会うたびに考えてしまいます。

 
 

////////////////////////////
   
 

そんな真面目なことを考えつつも、女の子と一緒に山を回るのは新鮮で楽しい。

 

来年の米の品種早いのにして12月くらいからは山入れたらいいなあ、とか、市役所で教えてもらった販売してる罠のネーミングセンスがダジャレばっかりでこれ絶対おっさんが考えてるよね、とか(ちなみに農機具のネーミングもダジャレばっかりだそう。でも嫌いじゃない、このセンス。笑)、なぜか恋バナに発展したり。笑

 

彼女がいるから、最近は頑張れています。

今日は風が強くてちょっと風邪ひいた感じ。
明日も頑張ろっと。

 

 
【これもきっと好きな記事】
 

稲刈り…だけじゃコメは食べられないんだNE!
今日は稲刈り日和!20人以上が参加してくれたおかけであっっっという間に終わった…!すごい…!

甘夏狩りしたよー!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す