【おせち作りDIY】魚からかまぼこを手作りしてみる。

はてなブックマーク - 【おせち作りDIY】魚からかまぼこを手作りしてみる。
Post to Google Buzz
【おせち作りDIY】魚からかまぼこを手作りしてみる。ちはるの森

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(このかまぼこに、違和感を感じたあなた。正解です)

 

 

今思ったけど、【おせち作りDIY】って馬から落馬する的な雰囲気がするね。
でも語呂がなんか好きなのでこのままで。笑

さてー、昨日りっちゃんが伊達巻き作っている隣で、私はかまぼこをつくっていました。

作り方は途中までほぼ同じ。
(伊達巻きの作り方はこちらから)

 

魚のすり身を、卵白と一緒にすって、酒と塩で味付けして蒸す。
と、かまぼこが出来ます!

 

ちなみに、棒に刺して焼けばちくわ、あげればさつま揚げ!
すり身すごいなーーー。

 

全部やってみたかったけど魚の分量が足りなかったので、また今度。

 

12468043_10208409222730988_955891572_n

 

【かまぼこの材料こんな感じ】

エソ(白身魚)
卵白
片栗粉(少々)

塩少々

 

まず白身魚を捌いて、すり身にするところまでは【この記事】といっしょ。

 

そのあと、卵白を入れて、よーーーーく擂る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すりながらも、ふわっふわした感触がする。不思議な感じ。

それから、酒、塩、片栗粉を適量入れてぺろっと味見。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

良さげなところでかまぼこ型に形成!

しかしーー!
ちょうど良い板がなかったので、その辺にあった端材にくっつけてみる。

ご、ごつい……!!!!笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあいいかあ。
あるもんで適当に、楽しく、が私のポリシー。

これで、常温で一時間ほど寝かせます。

良い感じになったら、蒸し器へGO!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

蒸している間、

 

す、、、、

すっっごいヒノキの良い〜香りがした………笑

お風呂かな?って思った………笑

この良い香りの中で、素晴らしいかまぼこちゃんになってくれるでしょう。

取り出したら、冷水にぼちゃん。
(このために木の板にくっつけるのかなー?浮かんで取りやすい。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

さあ!
できました!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

……お味は

魚の風味たっぷりで、うまい!

お酒が進みそうなお味だ。これ、わたし、好きなやつ!!

けど、かまぼこというよりはつみれみたい。笑

市販のもののように、プリッとした食感は出なかったなー。

 

でも、練り物などの加工品はいろんな添加物がいっぱい入ってるから、こうして自分で作れると結構楽しい。

次はさつまあげ作っておでん食べたいーーー!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さあ、さあ。
おせち作りも終盤となって参りました。

 

おせち料理を「買わないで作る」って、めっちゃハードだ…。。

普段から買わないで作る、っていうスタンスは変わってないんだけどさ、
おせちって練り物系多いから作ったことないものも多くって、てんやわんや。

もう、伊達巻きとかまぼこだけで昨日はぐったりだったよーー。
(きっと、もっと大人数で作ったら楽しいはず。笑)

大量に皮をむいたので、コンポストがぱんぱん。
豆やら椎茸やらタケノコやら、色んなものを水で戻すからキッチンもぱんぱん。

これを、ほぼ材料から自分たちでつくっちゃってる地域のおばあちゃんすごいなああ。
いろいろ学ばせてもらお。

 

今夜の年越し蕎麦は、そば粉からの手打ちにする予定。
夜はお寺さんと神社さんをまわるから、それまで仮眠しておこうっと。

おやすみなさーーい!!

 

みなさんも、良いお年を♥

 

 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す