ずぼらな野草利用術。

はてなブックマーク - ずぼらな野草利用術。
Post to Google Buzz
ずぼらな野草利用術。ちはるの森

  

ある日のお昼ご飯、野菜がなかったのでその辺で摘んできた。

野草はいっぱいあるけど、土筆とヨモギはテッパンだと思う。
(糸島では、もうつくしはおしまいの時期だけど・・・)

 

手間いらず、筋もなく青臭さも少ない。

ヨモギは炒め物にもいいしそのままお味噌汁に入れてもいいし、生のままでもお茶として飲めるし。つくしは炒めるだけで酒のつまみ!その辺を散歩していても、つくしを見かけるとついお酒のこと考えてしまうくらいアテにぴったりなんですわ。

 

しっかり湯がいたり筋とらないといけない野草は手が伸びなくなるずぼらな人間です。

 

フキは大好きなんだけど筋取りと水につけないといけないのがなかなか大変で前のようにたくさんは取らなくなったし、アザミとかもトゲが刺さって痛いから、綺麗だなーって鑑賞するのみになった。笑

 

完璧にやろうと頑張って続けられないよりは、楽しくやって日々のお料理のなかに取り入れた方が私は向いてる。
こないだの野草てんぷらも、つくしいっぱい入ってる!  

 

ちなみに、ずぼらな私は土筆の袴を取らない派。
ご近所さんに言うと「信じられん!」と言われるけど。笑
 

口に残るよーと言われることもあるけど、まったく問題ないと思うなー。調べたら毒もないみたいだし。
 

このほろ苦さで、体を春仕様にチェンジしていくのだ。

 
 

というか、最近はカエルもゲコゲコ鳴き始めて、ほのかに夏を感じている私でした。
 

どの季節もあっという間に通り過ぎて行ってしまうのに、冬だけ長く感じるのはなぜなんだろうね。笑
 
 

—————————————————————————————————-
▼WEBショップ「ちはるの森」できたよ!
—————————————————————————————————-
命を最後まで使い切るべく、今まで解体してきた動物の羽や革を使ってささやかにアクセサリーを作っています。食べものだけじゃなくて、フェザーやレザーももともと動物の体の一部。私たちの暮らしのなかに、色んな命があることを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
▼WEBショップ「ちはるの森」
http://chiharuh.thebase.in/
 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す