ウェブショップ更新しました。傷のある羽を大切に思ってくれる方へ。

はてなブックマーク - ウェブショップ更新しました。傷のある羽を大切に思ってくれる方へ。
Post to Google Buzz
ウェブショップ更新しました。傷のある羽を大切に思ってくれる方へ。ちはるの森

 

解体した鳥の羽を使ったアクセサリー、ちょっと更新しました。

 

自分でさばいたからには最後まで使いきりたい、とささやかに始めたウェブショップですが、ちょこちょことオーダーが入り嬉しい限りです。ありがとうございます。

 

更新したのは、こちらの羽。

赤い卵を産む穏やかな性格のボリスブラウンという鶏の羽のピアスです。

 

13e92aff65a031a5b419146e84761694

 

写真を見るとわかるのですが、右側の羽の一部がちょっとだけ欠けています。

 

 

本当なら、商品にはならない羽。でも、これこそがこのアクセサリーのチャームポイントだと私は思っています。手羽の部分に生えていた羽なので、羽ばたいたときにどこかにぶつけたのかも。それとも、喧嘩したかな?

傷があってもたくましく生きる鶏のことを想像しながら、この傷を大切に思ってくださる方へ、届いたらいいなという気持ちで作りました。

綺麗な状態で届けるということが当たり前の今、傷のあるものが価値だと受け入れてもらえるのか、小さな実験でもあります。どうなるかな。
 

▼鶏(ボリスブラウン)の羽のピアス(No.16)
http://chiharuh.thebase.in/items/2934756

 

それから、合鴨の真っ白い羽ピアス。

合鴨も生き物なので、同じ形の同じ色の羽はありません。その中で、真っ白な似ている形の羽を探すのはなかなか大変だったけど、きりりとした印象のピアスになりました。
 
IMG_9453.JPG

 ▼真っ白な合鴨の羽ピアス
http://chiharuh.thebase.in/items/2934481

 

それから、火の鳥のモデルとも言われている『ヤマドリ』の羽。

 

IMG_9507.JPG

 

吸い込まれそうな美しい色合いで、いつまでも眺めていられます。

体の中でも、お腹の方はこんな風には光らなくて背中の周りからよくみえる部位だけが輝くのです。なんだろう、何かへのアピールなのかな。

 

この羽で、何を作ろうかな。

 

全てが一点物、同じものは一つもないので、ビビッときたらお早めにどうぞ。

またちょこちょこ更新していきます。

ウェブショップ、見てねー↓↓

 

—————————————————————————————————-
▼WEBショップ「ちはるの森」できたよ!
—————————————————————————————————-
命を最後まで使い切るべく、今まで解体してきた動物の羽や革を使ってささやかにアクセサリーを作っています。食べものだけじゃなくて、フェザーやレザーももともと動物の体の一部。私たちの暮らしのなかに、色んな命があることを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
▼WEBショップ「ちはるの森」
http://chiharuh.thebase.in/
—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す