進研ゼミに載ったよー!

はてなブックマーク - 進研ゼミに載ったよー!
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

 

ちょっと前のことですが、進研ゼミの冊子で我が家の暮らしを紹介してもらいました!

取り上げてくださったのは、高校生の卒業特大号。

高校を卒業する学生たちに多様な生き方をする人たちを紹介するもので、「革新者たちの大学時代」ということで4ページも記事にしてくださいました。

(モテキなどの映画プロデューサー川村元気さん、アーティストのスプツニ子!さんなどそうそうたるメンバーの中に私。。。恐縮です。)

 

 

お話をいただいたときは、『進研ゼミで我が家の暮らしが!?』と驚きましたが、こういう暮らしがもっと若い人たちの身近なものになったらいいなという思いでお受けしました。

 

そして、こちらもちょっと前ですが。

リクルートキャリアガイダンスという、全国の高校の先生に配布される冊子でも紹介していただきました!

 

リクルートキャリアガイダンス

 
嬉しいのは、自給自足に興味があるわけでもなく、田舎暮らしのことも知らない『進研ゼミを取っている』普通の高校生、冊子が届く学校の先生たち全員に、私たちの暮らしが届く、ということ。

私も進研ゼミをやっていましたが、読んでたなあ、冊子。

 

イマドキの高校生から見たら、私たちの暮らしってどう映るんだろう。

 

進研ゼミの取材の方曰く、今の若者は「二極化が進んでいる」のだとか。不安定な時代だからこそ、安定志向とチャレンジ志向と大きく分かれている、と。

私自身、物心ついた頃にはバブルがはじけていた世代なので、世の中が景気が良かった時代を知りません。だから、昔の大人がいっていたように、大きい会社に入って家を買って結婚すれば幸せになれるなんて全然実感がない世代です。

そういう時代に生まれたからなのか、世の中に対する漠然とした不安がずっと心の中にあるような気がします。少しでも安心したい、堅実な職に就きたい、という想いや安定志向になる気持ちがとてもよく分かります。

 
 

たまに、正社員をやめて田舎暮らしをして、よくそんなリスキーなことできるねと言われることがあります。

でも、今の時代自分の会社がいつ潰れるかもわからない、お金の価値がガラリと変わる瞬間が来るかもしれない。どういう環境でも生きていけるスキルを身につけるために、私はこの暮らしを選択しています。

 

だから、どちらかというと私はチャレンジ志向よりも安定志向なのかもしれません。

もちろん「どちらが良い悪い」ということではないと思います。

まだ社会に出ていない若い世代に、生きていくのにはいろんな選択肢があって、自分らしくどうやって生きてもいいんだよというメッセージが伝わったら嬉しいです。

 

(とはいえ、まだ実験途中なので少しでも自分の目指す暮らしに近づけるよう精進します。笑)

 

***

こうして自分だけの力では届かない層へ私の暮らしや想いを届けてもらえるのは、本当に嬉しい限りですね。

 

そして。

こちらの本でもいとしまシェアハウス、ちょろりと紹介していただいてますー!

 

▼BARATEE バラッティ

http://baratee.jp/

 

▼田舎暮らしの本
http://tkj.jp/inaka/

 

 

全国の個性派シェアハウス、ということで紹介してもらいましたが

山梨県北杜市のぴたら半農半Xシェアハウス、新潟県十日町市のギルドハウス十日町、千葉県いすみ市の星空の家、お友達のシェアハウスが勢ぞろいしていてなんだか嬉しくなりました。
 

 

良かったら見てちょ。

 
 

 

—————————————————————————————————-
▼WEBショップ「ちはるの森」できたよ!
—————————————————————————————————-
命を最後まで使い切るべく、今まで解体してきた動物の羽や革を使ってささやかにアクセサリーを作っています。食べものだけじゃなくて、フェザーやレザーももともと動物の体の一部。私たちの暮らしのなかに、色んな命があることを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
▼WEBショップ「ちはるの森」
http://chiharuh.thebase.in/
 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す