その出がらし、捨てないで!野草茶を最後まで食べきるレシピ:ヨモギ編

はてなブックマーク - その出がらし、捨てないで!野草茶を最後まで食べきるレシピ:ヨモギ編
Post to Google Buzz
その出がらし、捨てないで!野草茶を最後まで食べきるレシピ:ヨモギ編ちはるの森

近くの山で採れた、春のヨモギ。

お茶にしたり、天ぷらにしたり、薬にしたり、用途はいろいろ。何にしようかなーとワクワクしながら摘むのが楽しいのです。
 
このときは、栄養たっぷりの若芽を摘み天日干しをして野草茶を作りました。
 
さて。
 
お茶の出がらし、どうしてますか?
 
もし捨てちゃっている人がいたら、ちょっと待って!美味しいお料理になるのでもったいないですよー。
 
せっかく摘んできた春の野草を最後までしっかり楽しめる、私のお気に入りレシピを紹介します。
 


 
陽の光を吸い込んで、旨味がぎゅっと凝縮されたヨモギの野草茶。

 

私はお鍋で煮て、濃い〜いヨモギのエキスがしっかり出た感じが好き。
 
  
 
で。
 
おいしく飲んだ野草茶の、出がらし。
 
  
 
使えます。それどころか、とっても美味しいです。
 
まず、パックから取り出し
 
  

細かく刻みます。
 
  

小麦粉と混ぜ混ぜしたら、
 

 
お味噌汁にイン!
 
しっかり煮えたら出来上がり。

  
 
はい、かんたーん!笑
 
だご汁という、九州のお料理。ヨモギ独特の香りと風味が癖になる美味しさです。

 
私はだご汁が大好きなのでこのレシピをよく使いますが、他にも
 
・ヨモギと春の葉物のナムル風お浸し
 
湯がいた春の葉物と細かく刻んだヨモギをごま油で和えます。
 
・ヨモギごはん
 
酒、塩、ちょっとのごま油と刻んだヨモギをご飯と一緒に炊きます。お好みで土筆やお醤油を加えてもよし。
 
・ヨモギパンケーキ
 
ヨモギを細かく細かあーーく!刻んで小麦粉と豆乳、きび砂糖、贅沢にしたい方は卵を入れてパンケーキに。蜂蜜もよく合います♡
 
 
春の野草って、この独特の苦味がたまらない。冬の間に溜まった体の毒素を出してくれる、デトックス効果もあるんだそう。
 
 
ちなみにシェアメイトのりっちゃんは乾燥ヨモギをパウダーにして生クリームと合わせたケーキを作ってくれたよー。
 
  

美味しすぎて、いまだに忘れられない…(´-`).。oO(
いつかマスターしたいレシピです。
 
今度教えてもらお。
  
 

【トークイベントやります】
4/8(金)の夜から東京でトークイベントやることになりました!
変化していく時代で最悪死なない暮らしを目指す、実験的な我が家の日々をお話しします。
来てね♡

 http://kokucheese.com/event/index/384092/

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す