あれから5年。

はてなブックマーク - あれから5年。
Post to Google Buzz
あれから5年。ちはるの森

 
 
我が家に帰る道沿いに、いきなりこんな看板が立っていた。

 
国道で車がびゅんびゅん通る道なのだけど、この看板を見た瞬間に一気にあのときの気持ちに引き戻されてしまった。
 
すごいアートだと思う。
  
あれから5年。
 
震災のときの怖い動画とかは、未だに直視できないし見るとしばらく心臓のどきどきがおさまらなくなる。
 
あのときのことと、今の私の暮らしはダイレクトに繋がっている。
 
暮らしを自分たちで作る、と決めたことや、シェアハウスを始めたこと、あのできごとがなかったら今の暮らしはない。
 
だからこそ、本当のことを言うと、今は311のことを振り返るのがちょっとしんどい。二度とあんな思いはしたくない。それから、誰にもして欲しくない。
 
玄海原発30キロ圏内にある我が家にとって、311はまだまだ現在進行形すぎて。色々受け止めていくには大きすぎて。
 
 
でも、考え続けることや動き続けることは、やめたくない。
 
というか、それがわたしの暮らしそのものだから、やめることなんてできないのだけど。
 
 
あ、なんか暗くなっちゃった。
 
長いようで短い5年。
わたしはどんなことができたかな。
 
これからも、自分ができることをやっていこうと思う。
 
みんながいるからできる。ありがとう。
 
 
今日は、自分のために、楽しい音楽を聴こうと思います。
 
おやすみなさい。
 
 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す