美味しい復興支援!熊本、のはら農研塾さんのスイカを全国へ!

はてなブックマーク - 美味しい復興支援!熊本、のはら農研塾さんのスイカを全国へ!
[`google_buzz` not found]
[`grow` not found]

 
 
熊本で被災された「のはら農研塾」さんのスイカ発送ボランティアをしてきました。

  
  

「農薬よりも人件費を使う」をモットーに減農薬、有機農法で丁寧に育てられた美味しいスイカです。
 
2日間で合計156箱、約300個のスイカを発送! 
  

震災の影響で宅急便の伝票がどこにもない&トラックの数も足りないなか、佐川急便さん、会場を貸してくださった d&department Fukuoka のみなさま、ボランティアのみんなとアイディアを出し合いながらなんとか乗り切りました。
 
  
差し入れのドライフルーツに励まされながらの作業。
 
  

非常時は「いつもならあるはずのものがない」状態なので、臨機応変に対応できるチームの力強さをひしひしと感じました。
 
 
約300個のスイカを運ぶために北九州→熊本→福岡と何往復もした東郷さん、できる男です。 

  
軽々持っているけど、これ大きいものだったら一箱10キロ以上はあるはず。
 
 
昨日の時点で、熊本は地震発生から余震が800回を超えたそうです。そのうち、震度4から7までの地震は92回以上。
 
常に避難勧告が出たり解除になったりしていると聞き、そんななかで数百個も箱詰め作業をされているのかなと思うと心臓がきゅうっとなりました。
 

 
この美味しいスイカが、野原さんの気持ちと一緒にたくさんの人の手に届きますように。
 
ささやかながら、一言ずつダンボールにメッセージを入れながら発送しました。  
 
全部運び終えたときは心底ホッとしたなぁ…。佐川急便さんにもかなり無理を言って対応していただき、荷物を持って車に移動していく後ろ姿が神々しくて……!!!
 
ありがとうございました!
 
 
ボランティアのみんなも、お疲れさまーーー!
ありがとう!

  

 
のはら農研塾さんのスイカや野菜はこちらから購入できますよー。
 
http://www.nohara-nouken.jp
東京のアースデイのイベントでも販売されるとか。
 
 
d&dのみなさま、佐川急便のみなさま、ボランティアのみなさま、チームスイカ大作戦のみなさま、本当にお疲れさまでした、ありがとうございました!
 
 
スイカが届いたみなさま、ハッシュタグ #のはら農研塾 でつぶやいて熊本を盛り上げちゃってください!
 
スイカ食べるの楽しみだーっ!

 
 
それから、4/25(月)の夜に震源地の隣町に住むアーティスト、フレックスライフの復興支援ライブを我が家で行います! 
参加費の半額が被災地に送られる、チャリティイベント。
 
私たちが楽しむことが、熊本の力になります。
 
ぜひ遊びに来てくださいね(*☻-☻*) 
 
https://www.facebook.com/events/1741954149385560/
 
 
 
—————————————————————————————————-
▼WEBショップ「ちはるの森」できたよ!
—————————————————————————————————-
命を最後まで使い切るべく、今まで解体してきた動物の羽や革を使ってささやかにアクセサリーを作っています。食べものだけじゃなくて、フェザーやレザーももともと動物の体の一部。私たちの暮らしのなかに、色んな命があることを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。
▼WEBショップ「ちはるの森」
http://chiharuh.thebase.in/
 

—————————————————————————————————-
▼本が出ました!
—————————————————————————————————-

私が新米猟師になるまでのエッセイ(ブログに書ききれなかったいろんなこと)や、動物別の解体方法、ジビエのレシピ集など、イラストを交えて紹介しています。

わたし、解体はじめました ─狩猟女子の暮らしづくり─

—————————————————————————————————-

 

about me!!

About chiharuh

twitter: @chiharuh facebook: http://www.facebook.com/chiharuh お問い合わせ/コラム/出張解体ワークショップ などについては chiharunomori●gmail.com (●を@に) までお願いいたします☆ 暮らしかた冒険家 Lifestyle lodestar カナダ留学後、ウェブマガジンgreenz.jpのインターンを経てNGO/NPO支援・映画の配給事業を行う会社に就職。 半農半Xのワークスタイルを目指すべく、会社ごと千葉の外房に移住しオフィス隣の小さな畑で野菜を育てる。 仕事で訪れたオーストラリア・インドなどのエコビレッジでは、WWOOFを通じてサステナブルな暮らしを体験。 人と人が繋がるヒューマンスケールな生き方に目覚める。 2011年の東日本大震災をきっかけに、大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ「自分の暮らしを自分で作る」べく、鶏などを解体する屠殺の勉強を開始。屠殺ワークショップを開催し大人から子どもまで一緒になって命と向き合う場を提供している。 福岡に移住した今では、食べ物、お金、エネルギーを自分たちでつくるシェアハウス「いとしまシェアハウス」を運営中。 狩猟免許を取得し、新米猟師に。現在は毛皮の皮なめしを勉強中。 解体を始めてから基本的にゆるいベジタリアンで、普段は自分で獲った獲物以外のお肉はあんまり食べません。 何で私が田舎暮らししてるのか、お仕事のことやこれからのこと。 インタビュー受けたのでよかったらどうぞ。 → http://luvlab.ex-tra.jp/2011/11/post-20.html

コメントを残す